スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「福島原発 暴発阻止行動 プロジェクト」結成へむけて

5日米ニューヨークタイムズ・ウェブ版記事によれば、米国原子力規制委員会は3月26日の調査リポートのなかで、東京電力福島第一原発について、再臨界の恐れがきわめて高いことを指摘したことがわかった。

 今日6日に行われた窒素注入もその米国のアドバイス(指示)によるものと思われる。

 国民の多くはいわれのない強制退去や放射能被爆を強いられているだけでなく、東京電力および原子力委員会、原子力安全・保安院、政府などのこれまでの対応を見て、言葉にならない深刻な不安を抱えさせられている。

 無責任な歴代高級官僚たち、自民党を中心とする原発利権に溺れた政治家たち、コスト無視で作っても儲かるおかしな制度的商売に麻痺した財界人たち、そのおこぼれに預かり科学者としての良心と信念を吐き捨てた東京大学を頂点とする劣悪な学者たち、それらの事実上の原発利権シンジケートの意向にいっさい抗うことなく原発推進の広報係を演じ続けた新聞・テレビ。そのすべての責任をいずれ厳しく検証しなければならない。

 だが、福島第一原発の状況は、私たちの検証を待ってくれるとは限らない。まずは、最悪の事態をなんとしても防がなければならない。私たちは、この事態にいたるまで原発建設をやめさせ、既存の原発を停止させることができなかった人間である。次の世代の負担を多少なりとも軽くする責務がある。

 ここに山田恭暉氏の重い決意を求める呼びかけを掲載する。正直なところ、私はまだ現役であることと家庭の事情のため、この呼びかけにある「行動部隊」にはすぐには入れない。歯ぎしりしつつ当面は全力で応援するのみである。残念至極である。

 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

   「福島原発 暴発阻止行動 プロジェクト」
           結成へむけて

 福島第一原子力発電所の現状についてはいまさら説明するまでもありません。しかし確認
しておかなければならないことは、次の事実です。

  1) 暴発を防ぐためには、ホースによる散水のような一時的な処置ではなく、10 年の
    単位の時間安定して作動する冷却設備を設置し、これを故障することなく保守・運
    転し続けなければならない。

  2) この冷却設備の建設・保守・運転は、すでに高度に放射能汚染された環境下で行わ
    ざるを得ない。

  3) もし、安定した冷却設備を建設・保守・運転できなければ、3000 万人もの人口を
    抱える首都圏をも含めた広範な汚染が発生する可能性がある。

 このような最悪のシナリオを避けるためには、どのような設備を作ることが必要か、放射
能汚染を減らすためにどうしたらよいか、などなど、数多くの技術的課題があることはも
ちろんです。この点についても日本の最高の頭脳を結集した体制ができていないことは大
きな問題です。

 さらにもう一方では、最終的に汚染された環境下での設備建設・保守・運転のためには、
数千人の訓練された有能な作業者を用意することが必要です。現在のような下請け・孫請
けによる場当たり的な作業員集めで、数分間の仕事をして戻ってくるというようなことで
できる仕事ではありません。

 身体の面でも生活の面でも最も放射能被曝の害が少なくて済み、しかもこれまで現場での
作業や技術の能力を蓄積してきた退役者たちが力を振り絞って、次の世代に負の遺産を残
さないために働くことができるのではないでしょうか。

 まず、私たち自身がこの仕事を担当する意志のあることを表明し、長期にわたる国の体制
として退役した元技能者・技術者のボランティアによる行動隊を作ることを提案し要求し
ていきたいと思います。

 当面次のことを提案します。

  1. この行動隊に参加していただける方を募集します。
   原則として60 歳以上、現場作業に耐える体力・経験を有すること

  2. この行動隊を作ることに賛同し、応援していただける方を募集します。
   これらの方々は、次ページにご記入いただきE-mail、FAX あるいは郵便でお送りく
   ださい。

なお、このプロジェクトは直接的には国会や政府に対する働きかけと、広く人々にこの行
動隊が必要であることを訴えることを活動の中心とします。状況が流動的なこともあり、
進展に応じて様々な面への活動を広げていくこともありうると考えます。

 また、この提案文を多くの方に転送していただくことをお願いします。

2011 年4 月
山田恭暉
134-0083 東京都江戸川区中葛西5-11-25-707
電話&FAX 03-5659-3063 携帯電話 090-3210-9056
メール bouhatsusoshi@aj.wakwak.com
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
□ 福島原発暴発阻止行動隊に参加します
□ 福島原発暴発阻止行動隊に賛同し応援します
ご氏名
ご住所 〒
お電話
FAX
携帯電話
メールアドレス
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

soshi1
soshi2


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
このメッセージを紹介している他のサイト
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

奈良新聞
 http://www.nara-np.co.jp/20110408094506.html
立ち止まって考えよう国民会議㈼
 http://kokuminkaigi.jp/?p=840
暗川
 http://lumokurago.exblog.jp/16157897/
開運占い師
 http://blog.eba.littlestar.jp/?eid=956151
ニュース逆さ読み
 http://blog.livedoor.jp/nkmrrj04fr/archives/52028463.html
あーとランダム
 http://bummei-harada.jugem.jp/?eid=1294
ちきゅう座
 http://chikyuza.net/n/archives/8280
黒姫高原・はんぐろ日記
 http://kurohime.homeip.net/kuro/archives/2011/04/post-2037.php
Ankei's Acteve Home
 http://ankei.jp/yuji/?n=1382
生活の柄
 http://ut9atbun61.exblog.jp/15772269/
スポンサーサイト

テーマ : 原発事故
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。